■アップガレージ事業部

●小林大輝 30歳

2006年入社 岡崎宇頭店 店長

 

 

アップガレージ 岡崎宇頭店 店長 小林  大輝

職場のムードメーカーに徹して、

スタッフの育成を図りたい。

【入社動機】

美容院で1年働いていたのですが、合わなくて悩んでいたところ、先にアップガレージで働いていた友人にこちらを紹介されて、最初はアルバイトという形で入りました。仕事をやり始めたら意外とおもしろくなり、のめり込んで一生懸命やりました。それが幸いし、3~4年働いた後、正社員に登用されました。私自身を正当に評価してもらった結果だと受けとめています。

 


【現在の仕事内容】

店長として店舗管理すべてを行うということ。例えばスタッフの指導や売上管理、店舗内が接客などで忙しい時にはピット作業を手伝うこともあります。特にスタッフを指導し、成長させることが私の重要な仕事。スタッフの商品のディスプレイや接客の仕方などをチェックし、「もっとこうすればいい」といったアドバイスを行います。基本は必ずスタッフに任せるというスタンス。自分はあくまで最終的に関わるということ。あまり口を出さないように心がけています。またあるときにはお客様からのクレーム対応もこなしますし、毎月の売上げ目標を達成するためにイベントを企画したりすることも。

 


【仕事のやり甲斐・課題・エピソード】

自分が指導したスタッフの成長した姿をみるのがいいですね。当初できていなかったことができるようになる、今まで受身だった者が自主的に仕事をしているのを見るとうれしくなります。また商品の不具合やスタッフの態度へのクレームに対して、一つずつお客様に納得していただけるように対応していくこともこの仕事の醍醐味であると思います。ありきたりかもしれませんが、お客様に商品を提供して満足いただくことがいちばんの喜びですから、お客様の視点に立った店舗運営を心がけています。

私の課題は店舗でいえば、さらに楽しく仕事ができる環境づくりです。笑顔がある職場はお客様にも良い印象を与えます。人間関係をよくして職場活性化を図る。そのために自分自身がムードメーカーとなって、スタッフを引っ張っていきたいですね。

あと会社という組織でやるからには昇格していきたいです。それが自分に対する評価ということになりますから。実力主義の会社ですから、結果を出しスタッフに支持されれば期待どおりの評価はいただけます。

会社は現場の意見を率先して採り入れてくれるので、新人でもバイトでもいろいろな提案ができます。そういった環境だからこそ、スタッフが成長できる土壌がありますね。