■アップル事業部

●大谷周也 31歳

2009年入社 稲沢店 店長

 

アップル 稲沢店 店長 大谷  周也

やる気の続く環境だから、

自分の課題やアイデアがうまれてくる。

【入社動機】

前職はデパートでのファッション関係の販売員を経て、工場勤務でした。肉体的に厳しかったのと家族との時間をつくりたくて転職を考えました。クルマが好きだったのでその関連の仕事に就きたいと思いました。ネットの採用サイトでアタックスを知り、この仕事は自分の裁量に任せてもらえるところや商談を交えるなど接客ができるところにひかれました。入社後、その言葉が真実であると実感し、俄然やる気が出ました。

 


【現在の私の仕事内容】

最初は店舗を回り、仕事の経験を積んでから配属されます。その中で多くのことを学びますし、仕事に慣れてきます。私は津島店の副店長を経験し、現在は稲沢店の店長として店舗運営を全て行っています。基本は来店されたお客様から大切なクルマを売っていただくという事から始まり、ご売却頂いた車を綺麗にクリーニングしてオークションに出品していくという流れになります。店舗のレイアウトや演出等も店長が自由に決めれるので仕事の幅も広くとてもやりがいがあります。それが実績に表れた時は非常に嬉しいですし、どうすれば来店が多くなるか?お客様にもっと喜んで頂けるのか?など常に考え、自分自身が楽しみながら仕事をしています。

 


【仕事のやり甲斐・課題・エピソード】

お客様が今まで大切にしていたクルマを手放すところから、誠意を持って接し、なるべく希望に添ったカタチで買って差し上げたいという気持ちがあれば、自ずとお客様と心が通うようになります。一度、つかんだお客様はリピーターとして私を指名してまた買い取りを任せていただける。時には感謝の手紙なども届くことがあります。そんな時、人のために役に立ったことに感激します。

私の課題はもう少し積極的にお客様と話をすることです。そのためには自分自ら動いたり、提案力を付けなければならないと思っています。これも経験を積んでいくことが大切ですね。

当社は人間関係がとても良いですし、自分のアイデアや意見が自由に言える風土です。だから頑張れるし、それを正当に評価していただけます。給与に跳ね返ってきますし、月1回のMVPで表彰されることもあります。そんな環境ですとやる気も出ますよね。だからこそ、アタックスはオススメですよ。

 


■アップル事業部

●梅原義崇 40歳

2001年入社 昭和橋通店 マネージャー 

アップル 昭和橋通店 マネージャー 梅原 義崇

買い取りの仕事はいかにお客様と

信頼関係を築くかが大きなポイントです。

【入社動機】

前職は建築関係でサイディングの仕事をしていました。その前もいろいろな職業を経験したのですが、結婚して子どもが生まれたところから収入の安定を考えるようになりました。そこでこのアタックスに転職したわけです。クルマが好きだったこともありますが、特にクルマの買い取りというものに着目し、営業の中でも特殊な感じがして興味もありましたし、営業に向いている性格もうまく生かせるということもありました。最初は知識がおぼつかないために苦労しましたが、おかげさまで入社して翌年の2002年に店長になりました。

 


【現在の私の仕事内容】

もちろん来店されたお客様と買取の商談を行いますが、店長は店舗の売上管理がさらに加わります。またレイアウトや店舗づくり、イベント等に関しては店長の裁量に任されることも多く、店舗に与えられた目標を達成するために努力しています。その目標も手の届きそうな現実的な数字ですし、達成すると給料に反映されますから、やる気も出ますよ。

買い取りの商談のポイントはどこまでお客様の心に入り込めるかです。誠意を持って、お客様の視点にたってものを考える。一度、つくりあげた信頼関係は崩れることはありません。

 


【仕事のやり甲斐・課題・エピソード】

長いお付き合いのお客様がいらっしゃいまして、今までに10台以上も買い取りさせていただきました。この仕事は人に付くと言えるかもしれません。私が店舗を変わったときも、私を探してご指名にあずかることもありました。また富山に引っ越されたお客様でわざわざ愛知まで2度も来店され、買い取りさせてただいたこともありました。今でもその方とお付き合いがありますが、本当にありがたいと思っています。

また当社は全国のアップル加盟店のなかでもかなり高い業績を上げている店舗なので、多くの問い合わせがあったり、見学に来られたりしています。とても誇りに思いますね。